TOP
  • 国際結婚とは、国籍が異なる者同士の結婚(婚姻)のことをいいます。 ここでは、主に日本における「日本人」と「外国人」との婚姻についてお話します。 国際結婚をした「外国人」は、外国籍を持ち続ける場合もあれば、後に帰化する場合もあります。 婚姻によって特別帰化(簡易帰化)の要件が満たされれば、居住要件の緩和や20歳未満での帰化が可能となります。

■ 国際結婚の歴史

  • 日本での国際結婚は1872年に行われた、長州藩のイギリス留学生南貞助とイギリス人女性ライザ・ピットマンとの結婚が、 日本政府公認の国際結婚の第一号であるとされています。
    その後、第二次世界大戦終結後の昭和20年代に、国内に駐留する連合国の軍人に嫁ぐ「戦争花嫁」と称される日本人女性たちが現れました。
    当時は昨日までの敵国軍人に嫁ぐような女性たちの出現で話題となりましたが、多くは夫とともに北米やオーストラリアへ渡り、 日本でその存在は次第に忘れられていきました。
    また、当時は在日朝鮮人と結婚し、在日朝鮮人の帰還事業に伴い北朝鮮へ渡った日本人女性もいました。
    1980年代に入り、結婚を望むが結婚ができないという男性が多数出るという結婚難が生まれました。
    その背景には、女性が配偶者としての男性に求める条件が厳しすぎたという声もありました。
    日本では一般に低所得の男性が結婚しにくい傾向にありますが、零細農家や小規模商店等で働く男性たちから結婚難が深刻化し始めたわけです。
    とりわけ東北地方等の農村で農業を営む独身男性にとっては深刻で、結婚相手の不足がしばしばマスメディアで取り上げられ、 「嫁不足」とまで言われました。
    これを受け、農協や自治体が仲介役となり、結婚相手を日本より比較的生活水準の低いアジアの国々に求める動きが活発になり、 特にフィリピン人女性や中国人女性等との「お見合いツアー」が多数行われるようになりました。

    結婚できない男たち ~ウエディングドレスABC~
    このブログは、女性に縁がなかったり、女性とうまくお付き合いすることができないという男性向けに、 女性との出会いから上手に付き合う方法、そして結婚をして幸せになるにはどうすればいいのか?をテーマにお送りしていきます。 迷えるあなたの道しるべとなりますように。。。

    国際結婚 - Wikipedia
    国際結婚(こくさいけっこん)とは、国籍を異にする者の結婚(婚姻)である[1]。 本項では、主に日本における「日本人」(日本国籍所有者)と「外国人」(日本国籍非所有者)との婚姻について述べる。

    国際結婚 - NAVER まとめ
    国際結婚に関する「NAVERまとめ」が集約されたページ。国際結婚で今話題のまとめが簡単に見つかります。

    国際結婚手続き一覧
    結婚要件具備証明書は独身を証明する書類で、結婚できる条件を備えていることを証明 する公 的文書。 国際結婚する場合に必ず必要となり、戸籍制度のない国では、これに 代わる書類(国に よって異なります)が必要となります。

    その後、バブル景気崩壊後も国際結婚は増加傾向にありましたが、2006年をピークに減少しつつあります。
    一方、国際離婚は増加傾向にあり、2009年は最多の約1万9400件にのぼりました。

■ 日本の国際結婚制度

  • 日本における国際結婚の制度として、日本人と外国人が結婚した場合、 住民票に外国籍の配偶者や子(日本国籍との重国籍の場合を除く)が記載されません。
    つまり、日本では日本人と外国人が同一世帯に属することを証明する書類が存在しないということです。
    また、婚姻手続きについても、「両者の戸籍抄本を用意して、 居住地の役所に婚姻届を提出すれば手続きが完了する」という日本人同士の婚姻手続きとは比較にならないほど、多大な手数を要します。
    具体的には、相手国の役所や、相手国の在日大使館・総領事館との手続きや、 日本および相手国の発行する各種書類の準備、地方入国管理局への在留資格の変更手続きなど多くの手続きが必要となり、 手続き完了までに数ヶ月以上を要するケースが多いです。

■ 日本の国際結婚事情 

  • 2010年の厚生労働省人口動態統計年報によれば、結婚総数の約4.3%が国際結婚であり、 この数値は1980年の0.9%と比較すれば大幅に増加していることがわかります。
    しかし、2000年代半ばまで急増した国際結婚数は、その後、減少し始めています。
    この背景には、ビザ取得目的のための偽装結婚や結婚詐欺などの摘発が多くなったことが影響していると言われています。
    一般的に、メディアなどで取り沙汰される国際結婚の例としては、日本人女性と外国人男性(特に欧米系白人男性)の例が多いですが、 実際には、日本人男性と外国人女性の婚姻件数のほうが3倍以上も多いようです。
    国籍別に比較すると、男性の場合は女性と比べて東南アジア出身者及び中国出身者と結婚するケースが多く、 一方、女性の場合は米国が全体の2位と男性と比べると約5倍も多くなっているのが特徴です。
    ただし、国際結婚全体における日本人女性と欧米系白人男性の婚姻件数は決して多い部類では無い事から、 メディアの報道が実際の日本の国際結婚事情を反映してるとは言い難いです。
    また、日本人女性の結婚相手には非アジア諸国(特に欧米諸国)が多い反面、 日本人男性の結婚相手はアジア諸国以外は少ないという風評が出回っていますが、 日本に住む外国人は中国人と韓国・朝鮮人で約60%を占めているため、実際には、男女とも東アジア出身者との結婚が多く、 男性の場合は次いで東南アジア、東欧諸国、特にロシア、ルーマニア、ウクライナの3か国との婚姻は多いようです。
    法務省在留外国人統計の「日本人の配偶者等」の在留資格を持つ国々を見ると、 2007年時点ではロシア2,059人、ルーマニア1,177人、ウクライナ595人となっており、 3か国で計3,831人の配偶者ビザ滞在者がいるという統計も出ています。
    さらに、後に永住ビザに切り替える人も多く、 こちらは2007年時点でロシア1,177人、ルーマニア323人、ウクライナ234人と計1,734人となっています。
    そのうち、日本人女性との配偶者や、日本人配偶者を持たない永住者を除いたとしても、 その国の男女構成のうち7割~8割が女性であることから、それら東欧女性との国際結婚は決して少なくない数であると推測されますが、 こちらはメディアで取り上げられることはあまりありません。
    特に、国際結婚全体のおよそ3分の1を占める日本人男性と中国人女性の国際結婚の例が、 メディアで取り上げられる機会は非常に少なく、 逆に在日外国人の中でも少数派に分類されるアフリカ系黒人男性と日本人女性の国際結婚の例は、 在住者の総数から見ても実際の婚姻件数は少ない部類ですが、メディアで取り上げられる機会は多く、 メディアの報道が国際結婚の実情と大きくかけ離れている事がうかがえます。
    しかし、在日外国人の日本人の配偶者の割合は、 約35%が日本人の配偶者であるロシア人に次いで、フィリピン人、ブラジル人、米国人、英国人となっています。
    在日中国人は結婚件数から見ても日本人との結婚率は低いです。
    また、アフリカ出身者の2割が日本人と結婚しています。
    なお、「日本人男性と結婚する、アジア諸国出身女性の結婚目的は主に経済的助勢である」ことを暗示するかのような報道に対して、 一部の外国人女性からマスコミへの異議申し立てが行われているようです。
    2012年度の厚生労働省の人口動態調査によると、47都道府県の中で女性の国際結婚率が最も高いのは沖縄県で3.56%、 2位は東京の1.84%、女性の国際結婚率は在日米軍基地がある地域や主要都市が上位に来ている事から、 アメリカ人男性と結婚する日本人女性が多くいる事が理由と考えられています。
    一方、男性の国際結婚率1位は岐阜県の3.98%で、12位茨城県の3.04%までが3%以上となっています。
    男性の国際結婚率は中部地方を中心に高くなっており、在日フィリピン人、中国人、ブラジル人が多い地域で国際結婚率が高い傾向にあるため、 これらの国の女性と結婚する人が多い事がうかがえます。

■ 日本の国際結婚法

  • ここでは、日本の国際結婚法について説明します。日本以外においては、その国の国際法の規定により準拠法が決定されます。

    ●婚姻の成立
    婚姻の成立は、各当事者につき、その本国法によります。
    たとえば、日本人男性(20歳)と中国人女性(16歳)が結婚する場合、日本法の婚姻適齢は男性の場合は18歳以上ですが、 中国法における女性の婚姻適齢が18歳以上(ちなみに、日本は16歳以上)の場合は、婚姻が成立しないことになります。

    ●婚姻の方式
    婚姻の方式は、婚姻挙行地または当事者の一方の本国法によります。
    ただし、配偶者の一方が日本人で日本で婚姻を挙行する場合は、日本法によります。
    ここでいう婚姻の方式とは、婚姻を有効に成立させるための手続のことを指し、 日本では婚姻届の提出を指し、他国では儀式婚や宗教婚などがあたる場合があります。
    たとえば、韓国人男性と日本人女性が日本で結婚する場合、日本で婚姻届を提出しないと日本での婚姻は有効に成立しません。

    ●婚姻の効力
    婚姻の効力は、夫婦の本国法が同一のときはその法により、その法が無い場合は夫婦の常居所法が同一の場合はその法により、 そのいずれも無いときは、その夫婦の最密接関係地法によります。

    ●夫婦財産制
    夫婦財産制についても25条が準用されます。
    なお、夫婦がその署名した書面で日付を記載した書面により、次に掲げる法のうちいずれの法によるべきか定めたときは、 夫婦財産制はその法によります。

     ①夫婦の一方が国籍を有する国の法
     ②夫婦の一方の常居所法
     ③不動産に関する夫婦財産制については、その不動産の所在地法

    ●夫婦の氏
    国際結婚の場合、1984年に国籍法が改正され、夫婦別姓と同姓から夫婦の氏を選択できるようになりました。
    なお、これについては「日本人同士で夫婦別姓を選択できないのは不公平である」との指摘があります。

■ 国際結婚に関するトラブル

  • 日本とアジア諸国との経済水準の差に目を付けて、それらの地域からの結婚を名目とした出稼ぎも存在し、 日本人男性が知らないうちに婚姻届を出され、見ず知らずの相手との結婚が成立していたという事例や、 日本人男性が仲介業者を介して名義を貸し、偽装結婚に加担していたという事例も判明しています。
    また、中国人女性と仲介業者が、日本人男性に金を払って結婚している偽装結婚の摘発が相次ぎ、 2010年における摘発者は前年より25.6%増でした。
    中国人女性や韓国人女性と結婚すると謝礼金が手に入るため、 ホームレスの男性が中国人女性、韓国人女性と偽装結婚していたケースが数多く摘発されています。
    仲介は、日本の暴力団と海外のマフィアとが提携して行われるのが通例です。
    離婚していなくとも、夫婦協力のもと、生活を送っていないという点で、夫婦としての実体は存在せず、 形態としては国際結婚であるが、いわゆる偽装結婚ということになります。
    また、海外で国際結婚した日本人女性が離婚後に子供を日本へ連れ去るケースが相次いでいるため、 2009年に、カナダ、フランス、英国、米国の4カ国が共同声明を発表し、ハーグ条約に加盟するよう日本に求めました。
    2010年3月にも、アメリカやフランス、カナダなど8か国の大使が、子供の連れ去りを防ぐためのハーグ条約に日本が加盟するよう、 共同声明を発表しています。
    そして、2014年4月1日、日本でもハーグ条約が発効されました。
    条約発効後、2014年11月時点で外国から日本に子供が返還された事例が3件、日本にいる子供が外国へ返還された事例が1件確認されています。
    ハーグ条約は国際結婚をした夫婦のみが対象ではなく、適用された4件のうち2件は日本人夫婦の事例で、 2件とも母親と共に海外に渡った子供が日本にいる父親のもとに返還されています。
    子供の連れ去りの加害者は国に関係なく圧倒的に女性が多く、国際的に指名手配されている日本人女性も少なくありません。

■ お奨めサイト

  • ●YouTubeで稼ぐ方法
    【一部引用】
    今、爆発的に成長している『YouTube』の稼ぐ方法&活用法を遂に公開!YouTube攻略セミナー
    日本一のYouTube塾を開催し、20代で億万長者にまで登りつめた、白石達也さんから推薦の声を頂きました!

    【感想】

    私もこのセミナーに参加しましたが、はっきり言って、目からウロコです!
    YouTubeは普段から視聴はしていましたが、ユーチューブに動画をアップするだけで、 こんなにも稼ぐことができるとは、夢にも思いませんでした。
    今では動画をアップするだけで、自動的に収入がアップしています。
    収入とは、広告収入やビジネスに活用して稼いでいます。
    初心者でも簡単にユーチューブで稼ぐことができますので、皆さんもぜひ、参考にしてみてください。

    YouTubeで稼ぐ方法

トップページへ
ジャグラー攻略 髪しっとり方法 カードでお金
  • 国際結婚の基礎知識 

このページの先頭へ